浮気発覚から離婚までの体験談!不倫が原因の離婚なら完全無料の電話相談がオススメ!

浮気を見破る取っておきのセリフを伝授

私自身、夫の浮気を疑いカマをかけた経験があります。
私が実践した方法は自己流だったのですが、先日TV番組で【浮気を見破る有効な方法】として同じ事が紹介されていたので皆様にもお伝えしたいと思います。

テレビで話題のメンタリストが番組内でやっていたのですが、まず浮気をしている夫に対してふいに「●日ってそういえばドコ行ってたんだっけ?」と話しを振ります。

私が実践したのは、会社の忘年会が続き、浮気相手と会ってるんじゃないの?と疑っていたので日記に夫の飲み会の日、帰りが遅かった日を書いていたので、その日に絞って聞いてみました。

私「●日って帰りが遅かったけどドコ行ってたの?」
夫「ん?●日?え?何?ああ、会社の飲み会だった」
私「ドコのお店に行ったの?」
夫「●日でしょ?えっと…ああ…●●にある居酒屋だ」
私「なんてお店?」
夫「会社の近くの●●だな」
私「誰と?」
夫「は?会社の…皆だな」
私「居酒屋の後どこ行ったの」

とことん質問しまくったのです。
しかしまず、その日は「会社に取引先の人が来るから接待で遅くなる」と言っていた日。
この時点で食い違っています。
質問されてばされるほど頭で考えて答えるので「?」と疑問形の言葉が返ってきます。

これは嘘をついている人の特徴らしいです。

そして、ある日、夫が急に私に優しくなり、仕事帰りにアイスをお土産に買ってきたことがあったんです。

そこで「何かいいことでもあったの?」と聞いてみました。
回答は「は??なんで?せっかく買ってきたのになに?」でした。
やましいことがない人は「そうそう、今日は契約が決まってね」なんて自然と出てくるらしいんです。

浮気夫にとって浮気は【いいこと】ですから、そのいいことが頭に浮かびながら違うことを言わなければいけないので目が泳いでしまうんですって。

しかし妻が嘘をついている場合は、これと全く逆で嘘をついている人ほど目をそらさないらしいです。

「浮気したことある?」「俺以外の男に心ひかれたことある?」なんて質問をしてしっかり目を見つめられたら怪しいと判断していいんですって。

嘘のつき方でも男女に差があるって驚きですよね。

質問攻めしたり、浮気を疑う素振りを見せて、夫が必死に回答しているとイライラしてくる場合があります。

そんな時に「最近帰ってくるのが遅かったり休みの日に出て行くから寂しくて浮気を疑っちゃった」と言ってみましょう。
その後に【疑ってゴメンね】とあなたが言ったときの反応が浮気しているかしていないかを見極めるポイント。

「びっくりだわ…頑張っていたのに浮気疑われるなんて」と怒れば白。
「はは。いいよいいよ。」と笑顔になったら黒です。

質問という拷問から解き放たれた際の笑顔が決め手となるんですね。

私はこれで夫の浮気は確定だと確信しましたから。

恋愛体質だった私は、夫が浮気なんてしたら気が狂うだろうと想像していたんです。
しかし、実際にこういう場面になった時、私は「子供もいないし離婚するか」「浮気を認めて清算するなら一回は目をつぶるか」の間で揺れながらも冷静でした。

メンタリストも推奨するカマかけ方法で夫の浮気を確信しても肝心の証拠はありませんでした。

携帯を常に持ち歩くのも、スマホを常にサイレントモードにしていたのも結婚前からの事。今に始まったことではありませんでしたから。
飲み会で遅くなる日が多くなったこと。
ベットの脇で充電しているスマホが深夜にピカーっと光ったり、メールが来てることを知らせるランプが点灯しているのを見たことはありましたが、スマホにロックがかかっているため突破は出来ません。

機械音痴だったので変に触って自爆するのも怖かったのです。

夫とは共通の友人も多かったので夫の浮気疑惑を友人に相談することも出来なかったときに見たのが原一探偵事務所のHPです。

浮気の証拠を集めるために浮気調査のプロである探偵に相談

この時私が掴んでいたことは月に数回ある飲み会で午前様になる曜日が水曜だという事、月に一度休日必ず友人との約束を入れて外出していたことを掴んでいました。

離婚するか再構築するかも決めていない中、モヤモヤする自分の気持ちをはっきりさせるために無料相談の電話をかけてみました。

些細なことであっても浮気を疑うきっかけを話したり、日記をつけてることのつじつまが合わないこと、遅くなる曜日など思いつくことを話しました。

不思議なもので相談している間に「浮気されて悔しい」という気持ちや「制裁したい」という気持ち「浮気相手はどんな女なんだろう」という気持ちが湧いてきました。

親身になって話しを聞いて貰ったのですが、すぐに依頼するつもりも無かったので相談のみでしたが、離婚になった際のアドバイスなどをもらいました。

そして数日後、夫から「最近ちょっと太った?」という何気ない言葉にカチンと来てしまい、「私はなんでこんな浮気男と一緒にいるの?」という気持ちになり、確実な証拠を掴むために探偵に依頼しました。

原一探偵事務所は相談はもちろん、見積もりも無料で作成してくれます。
探偵のプロに頼むということで高額な調査費用を覚悟していたのですが、私の日記からこの曜日が怪しいというパターンや、夫が飲み会が入ると「●日に飲み会になったから」と数日前に私に言っていたのでピンポイントで絞って調査を依頼することができ調査費用も抑えることに成功しました。

私達の目星は見事にヒットし、飲み会と言って遅くなる日に愛人と密会しホテルに休憩しに入るところの写真などが証拠としてあがりました。

余談ですが、結婚する前に夫と行ったラブホテルに浮気の度に浮気相手と行っていたことが発覚し、夫の無神経さに怒りよりも呆れの気持ちのほうが強くなり、離婚の二文字が頭の中で点灯。

浮気相手の素行も調査していただき、会社の部下であることも判明。

証拠をそろえてやっと夫に「浮気してるでしょ」と質問した時は爽快感で一杯でした。
「は?」とお決まりの顔と言葉を並べる夫に証拠を突き出した瞬間、これでもかと丸くなる夫の目に噴出しそうになりながら「離婚しましょう」と告げました。

夫の愛人は私よりも若く可愛らしい女性でしたが、遭いたくなかったので内容証明を送りトントン拍子で夫有責の離婚が決まりました。

夫、愛人からの慰謝料はきっちりいただき、財産分与も私の希望に沿った形でまとまりました。

原一探偵事務所は顧問弁護士を雇っていますから、浮気調査後に離婚となった場合の弁護士紹介までしていただけたので弁護士を探す手間を省けましたよ。

夫は最初「妻に一方的に離婚を言い渡された」「妻に男がいたのかもしれない」なんて共通の友人に言いまわっていたそうですが、こちらには動かぬ証拠があったので友人にもしっかり説明し「最低男」というレッテルが張り付きました。

浮気を疑うまでは「夫が浮気したら復讐する」とか「社会的に抹消してやる」なんて怖い考えを持っていた私ですが、きちんと慰謝料をとって財産分与することで離婚後も生活に不安を感じたりする事もありませんでした。

私の夫はSNS系は一切しておらず慎重な性格だったので自力で証拠集めをしてしまっていたらこんな風な結果にはならなかったと思います。

離婚した後の生活が心配で浮気に目をつぶって今もなお苦しんでいたかもしれません。

私の経験としては浮気した夫と離婚しましたが、結局は浮気されたあなたがどうしたいのかが重要なのだと思います。

証拠があれば私のように両者から慰謝料ととって離婚することも出来ますし、浮気夫から「離婚したい」と切り出された際、証拠があったら夫が有責になりますから、有責側から離婚を打診することは出来ないので食い止めることが出来ます。

離婚するなら証拠が必要なのではなく「自分が優位に立つために証拠が必要」だという事を実感しました。

私も夫の浮気が発覚した当時「もっと私がこうしていれば…」などと自分を責めたこともありましたが、今ならはっきり言えます。

「私ではなく浮気をした夫と若さを武器に夫に言い寄った愛人が悪い!」

私と同じように夫や妻の不倫に頭を抱えているなら、原一探偵事務所の無料電話相談を利用してみませんか?

 

浮気の悩み、証拠を掴みたい、相手有責で時間をかけずに離婚したいとお考えなら
0120-014-608 に電話してみてください。

原一探偵事務所は徳光和夫の逢いたいやバンキシャにも調査協力をする信頼できる探偵事務所です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA