夫の朝帰りへの対応は?連絡なしの外食…旦那の浮気に気付いたら

夫の浮気チェックをしてみましょう

「なんとなく」という女の勘って結構当たってしまうものですよね。
「最近怪しいな~」というあなたのその勘、もしかしたら当たってしまっているかもしれません…

↓夫が浮気してるのでは?と思ったら下記のチェックリストを確認↓

●休日に一人で出かける予定が多くなった
●残業、出張と家に帰る時間が多くなったり帰ってこない日が増えた
●携帯、スマホをいつでも持ち歩く
●携帯、パソコンにロックをかけている
●着信音が鳴ってるのに目の前で出ない
●ナビの履歴が削除されている
●髪型を気にしたり、服装、下着にこだわりだした
●女性物のショップ、人数2名と表記されたオシャレなレストランなどのレシート
●あなたの知らない携帯を契約している

ある探偵事務所が作成した夫の浮気チェックリストを抜粋しました。
チェック表で3つ以上当てはまった場合は浮気をしている可能性が高いといわれます。
何故なら、このチェック表で3つ以上当てはまった夫を調べたらほとんどがクロだったのです。

今の段階で夫の浮気を怪しんでいる奥様、これからどうしたいとお考えでしょうか。
もし浮気をしていたらその先どうしたいですか?

浮気してるのではないかと疑う夫が堂々と朝帰りしたり、連絡もしないで外食で済ませてきたりする生活にウンザリする方も多いと思います。

浮気を見て見ぬ振りをするという事は浮気を容認してるのと同じです。
もしかしたら夫は「うちの嫁は浮気を許してくれてる」と勘違いされているかもしれません
見たくないものに蓋をしたい気持ちもわかりますが、このまま浮気する夫を放置していると家族よりも浮気相手のほうが大事だと浮気がエスカレートしてしまうかもしれません。
逃げられてしまってから問い詰めても遅いんです。

夫の浮気をきちんと制裁することで得られるのはストレスからの開放とお金です。

ストレスからの解放を手に入れたい

「一生懸命夕飯の支度をしたのに連絡もなく外食して帰ってきた」
「夫の帰りを寝ずに待っていたのに午前様」

相手の為を思ってした事を裏切られたらストレスが溜まりますよね。
浮気をしっかり暴くことによってこういったストレスから開放されることになります。

浮気を暴いて得られるストレスからの開放は大きな収穫です。

あなたの気持ちというのはお金よりも大切なことです。
浮気をされているかもと毎晩眠れない。
私よりも他の女が良いのという苛立ち。
浮気をされている側の毎日は常にストレスを感じます。

浮気している夫や浮気相手は美味しいものを食べて、楽しい時間を過ごしているのにあなただけが辛い日々を過ごすのは理不尽なことです。

「浮気していますよね」と夫に突きつけることで悩んでいたことからの脱却が出来ます。
この言葉一言で新たな道に進める第一歩です。

このまま悩み続けるのはおかしくなりそう。
黙って耐えるのなんてバカみたい。
そう思っているなら「浮気してますよね」と質問してみましょう。

お金を手に入れたい

「夫の浮気くらいで離婚になったら生活が出来ない」と思って耐えていませんか。
しかし浮気を制裁することで得られるお金があります。
しれは慰謝料と財産分与です。
お子様がいるなら養育費もですが、こちらは子供に対するお金となります。

浮気をした夫と浮気相手両方に慰謝料を請求することが出来ます。
慰謝料の相場は100万から300万です。
夫の浮気で精神的に不安定になったという事で精神科から診断書を貰った奥様は相場より多く請求できたという例もあります。

慰謝料と財産分与されたお金があれば今後の生活にゆとりがでませんか。
財産分与で財産である家を貰うことが出来たら住むところに困りませんね。

離婚した後のお金が心配で浮気の制裁が出来ないのならば、夫と浮気相手の収入、仕事内容から慰謝料の支払いが可能かどうかを調べましょう。

手に入る予定のお金を把握しておけば、離婚後の生活も冷静に人生設計できるでしょう。
すぐに離婚を考えていない場合でも、制裁後にずるずると関係を続けていることが発覚した時や、一度は許そうと思ったけどやはり許せないとなった場合にも慰謝料や財産分与の事を把握しておくことで次の行動に進みやすくなるでしょう。

証拠集めは慎重に的確に

なんの証拠もない状態で「浮気してるでしょ」と問いただしたところで
「は?何いってんの?」「そんなわけないでしょ」と逃げられることが多いでしょう。
「証拠はあるの?」と言われることもあり、証拠がないとわかると「ふざけんなよ」と逆キレする男性も中には居ます。
そんな事になれば逆にあなたが不利な立場になってしまう事もあるのです。

浮気を突き止めるにしても証拠集めが先です。
しかし夫の浮気の証拠を集めるのは安易ではありません。
全く証拠がつかめないのはイライラしますし、ザクザク証拠が出てきてもあなたは見たくないものまで見てしまうかもしれません。
見たいけど見たくないというジレンマと戦わなくてはなりません。
しかし証拠を集めないことには有利に事は運ばないと心に決めてください。

有利に離婚したり、浮気をやめさせるためには証拠集めが肝心。

とくに有利に離婚になれる証拠というのが「不貞行為の証拠」です。

民法で「配偶者に不貞な行為があったとき、離婚の訴えを提起することができる」とあります。不貞行為とは、配偶者以外の人間と性行為をすることです。

不貞行為を具体的に言うと「ラブホテルに出入りしているとわかる写真や映像」「車の中で性行為をしている写真や映像」
明らかに性行為をしているとわかるメールのやり取りも有効です。
第三者がラブホテルに入っているのを見たという証言も重要な証拠になりますよ。

離婚して慰謝料を取りたいならこれらの不貞行為の証拠が必要になってきます。

残念ながら、2人で食事をしている。職場でよく話しをしているなどでは不貞行為の証拠にはなりません。

浮気の証拠の集め方

先ほど不貞行為の証拠にラブホテルに出入りしている写真へ映像などをあげました。
尾行するのは中々上級テクニックが必要ですが、比較的集めやすい浮気の証拠をあげておきます。
●浮気相手との通話履歴やメールの内容チェック
●浮気相手といったレストランやホテルの領収書
●浮気相手との写真やプリクラ【プリクラは財布の中などにはいっている可能性も】
●性行為の証拠【画像フォルダーに保存している可能性もある】
●カーナビの履歴【ホテルへ行った履歴や浮気相手の自宅など】
●GPS調査結果【アプリのGPS機能や車の中に設置】

以上は自分でも集めることの出来る浮気の証拠です。
デジタルなもので証拠集めをしてしまいがちですが、証拠集めの際は出来るだけアナログで集めることをオススメします。
なぜならデジカメやスマホは編集機能がありますから、捏造・偽造と言い逃れられる場合があるのです。

毎日日記をつけるというのもいいでしょう。
夫の出張の記録、朝帰りの記録、きちんと日記をつけておけば裁判の際有利になります。

自力では浮気の証拠を集められないという方も多いと思います。
スマホが主流となってからロックをかけるのは常識となっていますし、浮気してる人が携帯をほったらかしにする事は稀です。
そんな時も諦めてはいけません。
自分でどうにも出来ない場合はプロに任せて証拠を集めちゃいましょう。

証拠集めのプロと言えば探偵です

離婚したいという気持ちは決まっているのに中々しっぽを出さない夫の浮気の証拠。
そんな時は浮気調査のプロである探偵に依頼しましょう。
高そうとか怖そうなどのイメージをドラマの影響などでお持ちの方もいるかもしれませんが、

最近の探偵はテレビに出たり、新聞などに広告を出したりを随分身近な存在なんですよ。

沢山ある探偵の中でもオススメなのが原一探偵事務所です。
メディアにも出演し調査実績も多い有名な探偵事務所です。

相談や見積もりは無料です。
何日にもわたって一日中張り付いてもらうのはやはり費用が嵩んでしまいますが、
「旦那の仕事帰りだけ」「出張と言ってる日のみ」など確実に怪しいという日や時間を指定することで確実な証拠を低価格で集めることが出来ます。

スマホのカレンダー機能に見覚えの無いマークがあったり、この曜日は必ず残業や飲み会と言って帰ってこないなどの日を指定して依頼しましょう。

浮気の証拠が集まったらあとはあなた次第です

言い逃れの出来ない証拠があつまったら「浮気してるでしょ」と突き止めてみましょう。
一対一で突き止めるのもいいですが、これだけの証拠が集まっても言い逃れや逆キレをする人、感情的になって話し合いが出来ない場合もあります。

親身になってくれる友人を同席させて話し合いをする事をオススメします。

自分の両親や夫の両親に同席してもらえば、感情的になる相手のストッパーになってくるので落ち着いて話し合いが出来ると思います。
親にだけは知られたくないと思う男性も多く、これだけでも夫のダメージは大きいでしょう。
お金について、親権について、今後の事、離婚の事などスムーズに話しあうことで次に進めます。

浮気相手がわかったからと言ってあなた自身が乗り込むのは間違いです。
浮気相手に慰謝料を請求する際は夫同伴で話し合いの場を設けるか顔も見たくないと思うなら内容証明を送って慰謝料を請求することもできます。

ゴネたりひらきなおる相手には弁護士を立てて慰謝料請求しましょう。
とはいえ、弁護士もタダで依頼できるわけではなく、裁判になれば費用も時間も要することになってしまうので出来る限り話し合いで納めるほうが良いでしょう。

浮気をしたくらいで離婚なんてと思っていても浮気相手が既婚者だった場合、あなたの夫が慰謝料を請求されることもあります。
夫に浮気をされたとき、まず心がけたいの冷静になることです。

許すと思っていても許せない。
離婚だと思っていたけどもう一度信じる。
道は人によって違います。

あなたが泣き寝入りすることなく有利に事が運ぶことが最大の願いです。

uwaki12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA