妊娠中に旦那が飲みに行く…喧嘩も増えた…夫の浮気が心配!

妻の妊娠中に浮気する夫が意外と多い

信じがたい事実ですが、妻が妊娠中に浮気をする夫は意外にも多いんです。

女性は妊娠すると母となるために心身ともに準備を始めます。
女性はおなかが大きくなるなど変化とともに母性が生まれますが、男性はイマイチ実感が湧かないようです。

大きくなっていくお腹を見て父親となる自覚をする男性が0ではありません。
良い父親になるため妻を支えて準備する方もいらっしゃいます。
しかし、妊婦である妻との生活の変化に慣れず浮気に走ってしまう夫もいます。

妊娠中に何故浮気をするのか、理由はいくつかあります。

●妊娠初期に悪阻が酷く、妻が実家に帰っている、入院していて家にいない
●妊娠中にセックスレスになる
●妊娠中の妻の体型の変化に魅力を感じなくなる
●旦那の事よりも赤ちゃん優先にされる

妊娠中に上記の事があったから絶対に浮気するという事ではありません。
妊婦の妻側からすれば全て言い訳だろうと怒ってしまいそうな項目もありますよね。
妻が悪いなんてことはありませんが、妊娠中だから仕方ないことが沢山あります。
それなのに浮気に走るなんて信じられませんよね。

もし妊娠中に夫の浮気が発覚したらあなたはどうしますか。
10ヶ月間大切に大切にお腹の中で赤ちゃんを育て、その間に夫が他の女を抱いてるなんて許せますか?

「赤ちゃんは私が育てる」
「離婚して慰謝料と養育費をきっちり請求する」

そう思う方も多いです。
しかし妊娠中はストレスは大敵です。
心身ともにストレスを感じるとお腹の中の赤ちゃんに悪影響です。

もし妊娠中に夫が浮気した場合、どのように行動すべきか、浮気をされないためにはどうすれば良いのかをまとめてみました。

妊娠中に夫の浮気疑惑、どうやって証拠を集める?

妊娠中はお腹が目立たない時期でも悪阻でしんどかったり、お腹が大きくなると動きにくくなります。
ストレスを感じるとお腹が張ったり気持ち悪くなったりしてしまうこともあります。
そんなデリケートな時期に証拠集めを自力でするのは無謀です。

母体を優先しなければ、最悪の場合流産なんてことになってしまいます。
難しいことではありますが、なるべく夫の浮気問題に頭を抱えないようにしなければなりません。

黙って浮気を見逃せと言ってるわけではありません。
あなたの友人や家族、夫の浮気を調べてくれる人がいたり、話しを聞いてくれる人はいませんか?
夫の友人や仕事関係で関わりがあるのなら相談してみましょう。

知恵袋や小町など無料の掲示板では浮気に関する相談が日々寄せられています。
相談したり、過去の回答を見てみたりするのも良いですし、
SNSで相談してみるとアドバイスをもらえるかもしれません。
しかしSNSは身バレしてしまう可能性もあります。
もし夫が本当に浮気していた場合、疑っていることがバレると証拠集めが上手くいかなくなってしまう可能性もあります。

離婚したいから淡々と証拠を集めたいという方は探偵に依頼するのもオススメです。
探偵への相談は電話やメールで出来る所も多く無料でOKの探偵事務所も多くあります。

見積もりや依頼もメールや電話で出来るのでわざわざ出向く必要もありません

探偵に相談したからと言って必ず依頼しなければいけないというわけでもありません。
あなたが怪しいとおもっていること、夫の行動などをしっかりと話すことで今まで気づかなかったことに気づけるかもしれません。

浮気した夫を許さないという方は、怪しんでいることを悟られないことも重要です。
母子共に健康であることが最優先
もし離婚となった場合には話し合いだけでなく、引越しや色々な手続をしなければなりませんから、お腹が大きい間に全て済ませたくなる気持ちもわかりますが、産後のほうが安心です。

浮気の証拠さえしっかりと掴んでおけば出産した後にでも落ち着いて浮気の追及をする事が出来ます。
離婚する夫からだけではなく、浮気相手から慰謝料を取ることも出来ます。

浮気相手と別れさせたい方も、夫と離婚して新しい道を進みたい方も証拠は必要です。
大切な赤ちゃんの顔を見ていると、「本当にこの父親でいいのか?」と思ってしまうこともあるでしょうし、育児に対する夫の態度に疲れて離婚を考えるかもしれません。
一回限りと許しても、ズルズルと関係を続けているなんて事も実際にはあるのです。

いざというときにあなたが優位な立場でいるためにも浮気の証拠はしっかりと握っておいてください。

妊娠中の浮気はきっかけに過ぎない場合も…

妊娠中というのは体調だけでなく気持ちも不安定になってしまうものです。
悪阻や身体のむくみなど不調を感じやすい時期に夫の浮気なんて知ってしまえば
「赤ちゃんがいなければ不倫をしなかったのではないか」
「妊娠しなければ浮気なんてなかったのでは」と考えてしまう方もいます。

妊娠したあなたにも生まれてくる赤ちゃんにも何の非も罪もありません。
はっきり言って妊娠中に浮気する夫は「妊娠を言い訳にしているだけ」です。

ただの構ってちゃん、寂しがり、身体のふれあいが減るなんて全て言い訳でしかありません。
自分や赤ちゃんを責めることなくしっかりと気持ちを持ってください。

これから母親になるあなたは、赤ちゃんを守って行ける強い心を養いましょう。

妊娠中の夫の浮気を食い止めるには?

妊娠中に夫が浮気に走る大きな要因は二つです。
●妻に構ってもらえないという精神的な理由
●セックスレスという性的な理由

女性とは違い男性は、妊娠することがないのでホルモンバランスが変わったり、身体に変化があるわけでもありません。
父親としての実感が目覚める瞬間も人それぞれですから、妻の変化を見て「俺の事は後回し?」「構ってくれない」と不満が募ってしまいます。

構ってくれない理由から浮気に走りそうな夫には父親の自覚を目覚めさせると良いでしょう。
病院で行われる母子教室に参加してもらったり、妊娠出産の本を夫にも見てもらう、ベビーグッズを一緒に買いに行くなど、一緒に妊婦ライフを楽しめるように努力してみましょう。
男の子だったら、女の子だったらと名前を一緒に考えたり、お腹に話しかけてもらったりしましょう。

赤ちゃんがお腹の中にいると実感するために胎動を聞いてもらうのもいいですね。
父親であることを実感することで父性が目覚めればお腹の中で赤ちゃんを育てるあなたに感謝するようになります。
あなたの事はもちろん赤ちゃんの事を大切にする男性は浮気には走らないでしょう。

セックスレスという性的理由で浮気に走る夫は、安定期に入ってからのスキンシップを大事にしましょう。
妊娠中=セックスはダメ、というわけではありません。
とはいえムリは禁物です。
担当のお医者様のOKが出れば性行為は可能です。
細菌感染に注意しながら夫婦でのスキンシップをたのしみましょう。
「張りや痛みを感じたら赤ちゃんの為に途中でやめよう。」としっかり説明しておけば安心です。

妊娠をきっかけに浮気を清算し謝罪する夫もいる?

妊娠をきっかけに浮気する夫について述べましたが、妊娠をきっかけに浮気が発覚することもあります。

「妊娠したことで目が覚めた」というパターンです。
胎動を聞いたり、生まれてくる赤ちゃんの事で頭いっぱいになったり、産後に赤ちゃんと接することで「なんてバカな事をしてたんだ」と後悔する夫もいます。
過去の浮気を告白された場合はどうしますか。

過去の浮気であっても慰謝料を請求することは可能です。
過去の浮気については浮気の事実を知ってから3年以内、または不倫が終ってから20年以内が時効となります。
夫への慰謝料請求はもちろん、浮気相手に対しての慰謝料請求も可能です。

過去の浮気の証拠を今から得るのは困難ですし、謝罪してきた夫を許そうという方もいます。
これからは赤ちゃんも生まれたことだし二度と浮気は許さない。と思っているのなら【二度と浮気・不倫はしません】という誓約書を書いてもらいましょう。

法的効果のある誓約書に【浮気をした場合には●●万円を支払い離婚する】などの条件をかいておくことで今後の浮気予防にもなるはずですし、夫の反省を形にする事ができます。

CKfBERDh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA