不倫した夫・妻と離婚にまつわるお金の問題や制裁方法。不貞行為の証拠を掴むアドバイス。

離婚する前にお金の事をしっかり考えて

浮気した夫・妻と別れたい。
そう思う人は多いと思います。

最近芸能人夫婦のモラハラが連日のように話題になっていますが、「浮気した夫・妻の顔も見たくない。ただただ離婚したいんだ」と思う人もいます。

「慰謝料も財産分与もいりません!離婚します!」
なんて言葉をよく目にしますが、悪いのは浮気した本人であり、あなたに落ち度はありません。

離婚する夫婦が何年で離婚するか、調べてみると一番多いのが結婚4年目と言われています。
性格の不一致など両者が納得して離婚する場合などは協議離婚で別れる事になるのですが、浮気した相手にいい思いなんてさせてはいけません。

最近では結婚したからと言ってすぐに専業主婦になる女性が減っています。
「これくらい稼いでいればなんとかやっていけるわ」なんて思っていても、病気になったり、会社の経営状況が悪くなったり、明日どうなるかなんて誰にもわかりません。

男性だって同じです。
いくら仕事人間だったとしても一生仕事出来るかなんて保証はどこにあるでしょう。

子供がいるならなおさらです。
衣食住の費用は当たり前の事ですが、学費、習い事、子供の結婚、子供にかかるお金というのは莫大です。

「子供の事を考えて離婚しない」選択も「子供の事を考えて離婚する」という決断も、どちらが正しいかなんてやってみないことにはわかりませんよね。

子供の為に離婚せずにもう一度家族としてやり直したけど家庭は冷戦状態で居心地が悪く、イライラして子供にあたったりすれば「離婚しろよ」と思うかもしれません。

離婚した場合、学校行事に両親が揃わないことで何か感じるかもしれません。

離婚した後のお金の事も考えていないと、子供にまでしんどい思いをさせる事になるのです。
再婚すればお金の問題も解決するとは限りません。

浮気した相手には慰謝料、財産分与、愛人への慰謝料請求も忘れずにしっかり自分の権利を主張しなければなりません。

「カッとなったから」と冷静な判断が出来ないままだと絶対に後悔します。

不倫した相手に逃げ道を作らない不貞の証拠の集め方

浮気をやめさせるにも、離婚するにしても証拠集めをしなくてはなりません。
「浮気相手と別れてよ」と言葉で言う必要はありません。

浮気はお金がなくても始めることが出来ますが、お金がなくなって続けることは難しいでしょう。
「愛があればお金なんていらない」なんてのは持って数ヶ月でしょう。

今持ってるお金を全て取り上げることで心もお金も無の状態になります。
慰謝料、財産分与、養育費や親権など全てを取り上げても、不倫したものが悪いのですから文句なんていえる立場にありません。

「奥さんと別れて私と一緒になって」なんて迫っていた愛人も、離婚した後に莫大な慰謝料を払い、養育費を長年払い続けていく現実が見えれば逃げていくでしょう。

「再婚して新しい家族の為に養育費が払えない」なんていわせてなるものですか。

浮気した相手と離婚する際、訴訟になったら「不貞行為の証拠」があるのとないのでは結果に大きな差が出ます。

不貞行為の証拠は、配偶者と愛人のラブラブメールでも、浮気デート中のプリクラでもありません。

愛人と配偶者が肉体関係があるという証明になります。
芸能人なら週刊誌に張り込まれスクープとして雑誌に取り上げられますが、一般人の夫を張り込む人はいないでしょう。

これらの証拠は自力で集めなければなりません。

「よし!尾行しよう」と思っても、家から浮気相手のところに直行するとは限りませんよね。
仕事帰りに愛人とホテルに行くかもしれませんし、食事をしてから愛人宅に行くかも知れません。

家事も育児も仕事もほったらかして一日中夫の行動を尾行できませんね。
夫と愛人にバレないように2人を見守り、ホテルに入るところを目撃できてもスマホやデジカメなどデジタル機器で撮影したものは加工できるため証拠としては弱いです。
アナログで撮影しても顔がわからなかったりすれば「これは別人です」と言われるでしょう。

離婚して慰謝料を貰うなら探偵に依頼して確実な証拠を集めて突きつけましょう。
変装したり、変な動きをして尾行失敗したら全ての計画が白紙になります。

探偵事務所でオススメしたいのが原一探偵事務所です。
原一探偵事務所はTV業界や弁護士から高い評価を受けている探偵事務所です。
最新機器を使用した調査で、言い逃れの出来ない証拠を集めます。

365日24時間対応ですから、怪しい!と思ったら無料相談をしてみましょう。
今後あなたがすべきことや、夫への対応方法などのアドバイス、見積もりも無料です。

全国に拠点があるので迅速に調査に移行してもらえます。

離婚する場合に必要な弁護士の紹介もしてくれますからトントン拍子に進めることが出来ます。

安心の料金設定に加えて、怪しい時間や日をピンポイントで調査してもらうことも可能です。
次でご紹介する浮気した夫への制裁にも使える調査資料を手にする事が出来ますよ。

夫・妻の浮気発覚!制裁方法とは?

信じていた相手に裏切られるのはとっても辛いことです。
あなたの心はボロボロに傷ついていることでしょう。

不倫に目をつぶって再構築しよとしていたにも関わらず、浮気相手との関係がズルズル続いていたなんて事がわかれば誰だって脱力するでしょう。

離婚すると心に決めていても何か制裁しなければ気がすまないと思っている方、浮気した相手に対する制裁方法をご紹介していきます。

社会的に制裁する方法

「あの人不倫したらしいよ」職場でこんな会話を聞いたことがありませんか。
部下思いで年の割りにはイケメンで、愛妻家のイメージのあった上司なのに、不倫していると耳にしただけで「最低な男」に格サゲですよね。

世間的に不倫というのは白い目で見られる行為です。
「うちの夫、若い女と不倫していたんです」なんて自らバラさなくても、お酒に酔った勢いで「愛人と旅行に行くんだよ」「他のヤツには内緒だぞ」と口を滑らせたり、誰にも話していなくても火のないところに煙は立ちませんから噂になっているでしょう。

浮気した事で徹底的に懲らしめたい方なら内容証明を会社や浮気相手の親、結婚式に招待した人に送りつけるなんて人もいます。
ヒソヒソ影で馬鹿にされ、冷たい目で見られ、職場で肩身の狭い思いをする事になるでしょう。
愛人が職場にいる人間だったら左遷になったりする可能性だってあります。
自業自得ですが、居場所がなくなり辞職しても再就職先なんて中々見付りません。

配偶者に黙って好き勝手やってるときはハーレムでも丸裸にされて情けない姿を見れば愛人も逃げていくでしょう。

まさにどん底状態の相手を見てすっきりするかもしれません。

しかし、この社会的制裁は判断を間違えると自分に返ってきてしまうことがあります。
もしヤル気を無くした元夫が退職し、まともに再就職出来なかったら。
慰謝料や養育費を分割で支払う約束をしていたのに貰えなくなってしまうかもしれません。

「慰謝料払えないから待ってほしい」といわれたり「養育費を減らしてくれないか」と打診されるかもしれません。

お金なんて要らない!
ただだだ困ったあいつの姿を見たいんだ!とはいえ、払うべきものを払わなくてよくなったんなら浮気した夫はラッキーと思うかもしれません。

離婚はしないと決めた場合でも探偵に依頼した証拠があれば「今後浮気相手と接見した際には●●万の支払いをします」
「今度不倫した場合には財産であるこの家、財産全てを妻のものとします」
ときっちり誓約書を書かせることが出来ます。

しっかりとした証拠さえあればどのような結果になってもあなたが有利なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA