不貞行為の証拠がない!夫の浮気・不倫の証拠をつかむ方法

不倫の線引きって結構難しい

「旦那が私の知らない女と歩いているのを目撃した」
「夜中にこっそり電話をしてる相手が女かも知れない」
「LINEのポップアップに女性からメッセージが届いてる」

全てが浮気ではないかと疑ってしまいたくなります。
「昨日はありがとうございました」と夫のスマホにメッセージが入れば「昨日なにしたの?」としか結びつきませんが、仕事をしていれば部下をフォローすることもあるでしょう。
数人で飲みに行ってご馳走した御礼かもしれません。
しかし、浮気である可能性だってありますよね。
しかし証拠もないまま「浮気してるでしょ」と詰め寄ったところで「証拠は?」と開き直られることもありますし、「急にどうしたの?おかしいんじゃない?」とまるでこちらが悪者のように言われてしまうこともあるでしょう。

「浮気かも」と疑ったなら白黒はっきりさせたい気持ちをグっとこらえて証拠を集めることを心がけましょう。
離婚するつもりはないけれど浮気相手とはしっかり別れて欲しい場合も、浮気男となんて離婚して新しい生活に踏み出すために慰謝料を請求する場合でも重要なのは証拠があるかないかです。

証拠をしっかり集めることであなたには有利に事を運ぶことが出来るようになるのです。
夫への慰謝料、浮気相手への慰謝料どちらを請求する場合も有利となりますし、財産分与や親権争いに関しても有利になります。

「一回くらいの浮気には目をつぶる」という方も、今後同じような間違いを繰り返させないためにもしっかりと証拠を掴むことが大事なのです。

離婚の際に有利をなる証拠とは?

民法770条には「夫婦の一方は、配偶者に不貞な行為があった時、離婚の訴えを提起することができる」とあります。
不貞行為とは具体的に「配偶者のある者が、配偶者以外の者と性的関係を持つこと」となります。
つまり、夫である配偶者が、あなた以外の人間と性的関係を持ったら、あなたは離婚の訴えを起こすことができますし、有利に離婚を進めることができます。

不貞行為の証拠って何?という方に具体的な証拠をご紹介します。

●ラブホテルに出入りしている場面の写真や映像
●性行為を行っている際の録音テープ
●車中で性行為をしている写真や映像
●性行為をしたと分かる文章のやり取り
●ラブホテルへ入って行った等の第三者からの目撃情報

証拠集めの為にデジタルカメラやデジタル録音機を使用する方が居ますが、デジタルだと「捏造の可能性」を疑われ信憑性が低いといわれる可能性があります。
証拠を集める際は出来る限りアナログ機材を使用しましょう。

メールのやり取りで浮気の証拠を探ろうとする人が居ますが、ロック番号を調べて勝手にメールを盗み見たり、浮気相手の詳細を探る場合、素人には限界がありますし、方法を間違えば法律違反を犯してしまうこともあり、下手をすればあなたが逆に訴えられる立場になってしまう可能性があります。

不貞行為の証拠集めに必死になりすぎて判断を誤ったり、普段なら気づくことを見落としてしまったりします。
証拠集めはある程度自分で探ることは必要となりますが、今やってるこの行動が冷静かどうかを見つめながら行動しなければなりません。

離婚の裁判であなたが有利になる証拠は【継続的な肉体関係】の証拠です。
一夜のみの肉体関係でも不貞行為とはなります。
しかしより有利に離婚に進むためなら複数回の証拠を集めておいたほうが良いです。

「不倫なんて悪いと欠片も思っていない」男なら警戒心なく浮気の証拠が集まるかもしれませんが、大概の男性は「悪いことをしてる」という自覚は持っているものです。
その分警戒心もいつも以上に持っているはずです。
素人が証拠集めの為に尾行してバレてしまったり、携帯チェックしたことがバレてしまったら、浮気相手とは別れたり、最悪の場合逃げてしまうなんて事もあります。

浮気してるかも…と思ったら、辛いことではありますが、「浮気をしていることを悟っていないフリ」をすることが肝心です。
相手をうまく泳がせ、証拠を掴むチャンスを与えることも必要です。

自力で証拠集めをしてみたけど素人では無理…という方はプロに相談することも検討してみましょう。

離婚を有利にする証拠集めの依頼は探偵事務所へ

 

tanteiiiii 探偵というのは証拠集めのプロです。
優秀な探偵が集まっていますし、証拠集めに必要な機材も最先端です。
しっかりと証拠を集めたいなら探偵に依頼しましょう。

探偵事務所と聞くと、ドラマや映画の世界だと馴染みがない方は多いですよね。
イメージとしては雑居ビルの中に「あの~…」と入っていくなんてイメージかもしれません。
しかし実際の探偵事務所は怖い場所ではありません。
探偵事務所というのは身近で頼れる強い味方です。

浮気調査だけではなく、ストーカー対策、盗聴器の発見、素行調査、蒸発した人間を探すなど色々な仕事があります。
素人では出来ない、わからないことを依頼できる便利屋さんだと思えば身近に感じませんか。

ドラマの中のようなイメージではなく、ネットで探すことも出来ますし、テレビなどのCMを目にしたり、広告を目にする機会も増えてきました。

相談は電話やメールで出来る所や相談料が無料な探偵事務所も多く存在します。
相談したからそのまま契約しなければいけないなんて事もありません。

浮気調査の費用相場は一時間当たり15000円から20000円程度です。
丸一日依頼すればかなりの高額になりますが、浮気してる時間は数時間ですよね。
「旦那が出張と言って泊まる日」「帰りが遅いと言った日とこの時間」など怪しい時間を指定して依頼すれば確実な証拠が取れるはずです。

とはいえ無料というわけではありません。
「なんか怪しい」だけで依頼できるものではありませんよね。
即依頼するのではなくまずは相談からはじめてみましょう。
自分で出来る証拠集めのアドバイスなどをもらえれば、もう少し相手を泳がせることが出来るかもしれませんし、注目すべき点も見えてくるでしょう。

今持ってる情報を伝えることで案外費用がかからずに明確な証拠が得られることもあります。

メディアでも話題の原一探偵事務所

原一探偵事務所
探偵と言われても自分で探すのは不安という方にオススメの探偵事務所をご紹介します。
「バンキシャ」・「徳光和夫の逢いたい」・「ニュースプラス1」・「奇跡の扉 TVのチカラ」といったメディアでも話題の原一探偵事務所
テレビ番組で、人探し依頼され成功させた実績複数持つ優秀な探偵事務所です。

メディアで話題と言っても調査費用は一日8万円~と相場より安く良心的な価格ですし、相談や見積もりは無料です。
見積もりで提示された金額には、諸経費も含まれているので、追加で高額な費用を請求されるなんてことはありません。

匿名で相談できるオンラインチャットもありますし、電話やメールでも相談できます。
あなたの近くの探偵事務所を探しがちですが、原一探偵事務所は全国各地に事務所があるため、どの地域でも依頼可能です。

原一探偵事務所の調査実績は40年。
解決実績は70000件以上です。

離婚を有利に進めたいかたは信頼できる探偵事務所を見つけることが重要です。

きっちりと証拠を集めた後にする事とは?

集まった証拠を見て次に何をしますか?
「どういう事よ!」と証拠をブチ撒けて詰め寄りたい。その気持ちは理解できますが、今後どうするのかを考えなければなりません。
離婚するのか、再構築するのか冷静に自分と向き合いましょう。

配偶者と一対一で話し合うこともアリですが、両親や親族に立ち会ってもらって話し合うことをオススメします。
一対一だと感情的になってしまって冷静な話し合いが難しいですし、第三者が居ることで言いくるめられることもないでしょう。
浮気をした配偶者への戒めの意味でも第三者に立ち会ってもらいましょう。

浮気を認め、浮気相手とは別れ再構築するという選択もあるでしょう。
しかし、浮気がきっかけで離婚という道に進んだ場合、浮気相手にも慰謝料を請求するとお考えなら弁護士に依頼しましょう。

浮気をしているかも…という状態では心身ともにかなり精神をすり減らすことが考えられます。
道が見えなくて立ち止まるとその分解決にも時間がかかってしまうでしょう。
自分はどうしたいのかという事を第一に考え行動するようにしましょうね。

DE4qVy3e

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA