夫や妻の浮気問題。見て見ぬフリをし続けたら大損する可能性大!

uwaki11

浮気問題に白黒つける勇気を持ちましょう

平穏な生活を一変させる不倫問題
いくら喧嘩をしようが、愚痴を言おうがパートナーの裏切り行為が発覚したら心を痛めますよね。

「バレなければOK」なんて言っていても隠し通せる人はあまりいません。
やましい気持ちというのは怪しい行動と誘発してしまうものです。

「なんとなく」でしか浮気を疑っていなくても、じっくり相手の行動を観察していればアレもコレも怪しい…と芋づる式に疑惑が浮上します。

しかし、浮気しているのでは?から浮気していると確信に変わるまでって自分の目で見極めなければなりませんよね。

離婚する、浮気相手と別れさせる、浮気を許して再構築するなど次の行動を決める前に浮気の証拠を掴まなければ前に進みません。

浮気の証拠を掴めば掴むほどあなたにとって見たくないものが見えてくるでしょう。
全てが整った時点で自分がどうしたいのかを決めればいいのです。

もし浮気を見て見ぬふりをし続け、取り返しがつかないことになってしまったとき損をするのはあなたです。

民法で規定されている法定離婚事由の【不貞行為】というのは「肉体関係を持っているか」が重要となってきます。

この証拠に辿りつくまでに自力で出来る浮気調査から低予算で調査力のある探偵の紹介まで詳しく解説していきたいと思っています。

夫や妻の怪しい行動から浮気を見破る方法

浮気が発覚するきっかけというのは些細なことからが多いです。
●携帯画面を常に下に向けている
●着信が入っているのに目の前で出ない
●LINEのポップアップ表示を非表示に設定している
●人によって着信音を変えている又は常にサイレントモードにしている
●ロックを頻繁に変更している
●パソコンの閲覧が出来ないようにロックがかかっている
●クレジットの明細をネット明細に変更している
●お小遣いアップの要請が頻繁にある
●趣味趣向の変化
●帰宅時間が遅い日が続いたり出張が増える
●単身赴任の夫の帰省頻度の減少
●出張中にいつもより早い時間に「もう寝ます」とメールやLINEが届く
●見覚えのない持ち物の増加
●家事のクオリティーの低下
●感情の浮き沈みが激しくなる
●帰宅後すぐにお風呂に直行する
●ナビの履歴を削除している
●身なりに気を使うようになる
●呼び方が変わった

かなりの項目がありますが、いくつ当てはまりましたか?
これらは全て浮気している夫や妻の行動の「変化」だと思ってください。
今までは●●だったのにそういえば最近●●だな…という事が当てはまれば当てはまるほど浮気している可能性は高いようです。

なぜならこちらのチェックリストは某探偵事務所が作成したものから抜粋しており、多くが当てはまった対象者を調査するとほとんどが黒だったという結果があるのです。

携帯に関する行動というのはどうみても怪しいものが並んでいますよね。

こっそりと携帯を見ることが出来る場合は、着信・発信履歴を見たり、メール履歴を見たいと思いませんか?

非通知からの電話には出ない主義の夫や妻の携帯着信画面に数件の非通知が並んでいたら、あなたに知られたくない方の名前を非通知と登録している可能性がありますから、電話帳で非通知と登録されている番号を調べましょう。

怪しそうな名前や番号がないなと思ったら、着信や発信の件数を確認してみてください。
30件受けることが出来るのに15件しかなかったらやましい着信履歴を削除している可能性もあります。

機種によっては頻繁に連絡を取る人物は着信履歴意外に画面に表示されることもあるので配偶者の機種の特徴を掴んでおきましょう。

メールも着信も怪しい所はないようだけど浮気は確実にしているだろう…と睨んでいるならSNS内でメッセージをやり取りしていたり、PCのサブアドで連絡を取り合っていることも考えられます。

携帯のロックが頑丈で解除できないという場合は適当に解除しようとすると墓穴を掘ってしまう可能性があります。

●分後まで利用不可などと表示されてしまえば勝手にスマホに触れたことがバレてしまいますから、ムリに見ようとしないことです。

財布の中もプライバシーで溢れているという方も多いはず。
女性はとくに気づいたら領収書で財布がパンパン…なんて事も多いですから、仕事と言って出かけていたのにランチをしていた領収書や愛人にプレゼントを買った領収書が入っていないか、ゴミ箱に捨てられていないかチェックしてみると良いでしょう。

別アカウントを作成してSNSにログインし、夫や妻と頻繁に連絡を取っている人物と繋がってみるという手もあります。

飲み会へ行くときは決まって同じ人と行っていたり、趣味仲間と出かけると行って休日に家を空ける場合、友人をアリバイに使って外出している可能性もあるわけです。

一緒にいるはずの人間が「深夜まで残業で疲れた…」とか「今日は子供のBDでお祝い」などと家族サービスをしていたら嘘をついて他の人と会っている可能性が高いのです。

浮気をしているかしていないかを見極めるには行動を良く観察することが大事です。
適当な嘘をついて愛人と密会している事を考えて細かく日記をつけるというのもオススメします。

毎週●曜日は必ず帰りが遅いな…
出張の頻度が増えたな…
など気づいた事は些細なことでも書いていくことで行動パターンが読めます。

この行動は確実な不貞の証拠を集める際に重要となってきます。

肉体関係を証明する不貞行為の証拠の集め方

メールのやりとりや行動などで浮気していることが確定したら、その浮気は不貞行為かどうかを調べる必要があります。

新人社員が可愛いな…と夫が一方的に好意を抱き、加齢臭や身なりに気をつけて気を引こうとしてるだけでは残念ながら浮気とは言えません。

水商売の女の子をお店でのみ会っていて、あなたの夫は「ただのカモ」だったらこれも浮気ではないのです。

いくら思わせぶりなメールが来ていてもそれは営業メールというやつですから…

不貞の証拠として有力なものというのはいくつかありますので紹介します。
ラブホテルに出入りする写真や映像
ラブホテルで会議する人はいませんよね。
食事をする場所でもありません。
目的が一つであるラブホテルの出入りは重要な不貞行為の証拠となります。
肉体関係があることがわかるメールや手紙、又は会話の録音
メールで性的関係を匂わせるものが見つかれば写メでしっかりと証拠を残しておきましょう。電話で愛人や間男と話している内容を録音しておくというのも証拠になります。
車の中などで行為をする写真や映像
性的行為は本来密室状態で行われるものですから行為そのものを撮影するのは難しいのですが、車の中で行為をしている写真などがあれば有力な証拠となります。

これらの確実な証拠を短期間で集めたいなら探偵に依頼することです。

あなたの顔は知られているのですから素人が尾行をしてもバレる可能性は高く、浮気調査をしくじると二度と証拠がつかめないなんて事もあるのです。

バンキシャや会いたいなどの有名番組の調査協力も行う原一探偵事務所なら調査力が高いことで有名です。

41年の間に解決件数は70000件以上という実績。
一日の調査費は80000円からで、高額な水増し経費などもかからない明瞭会計がウリです。

さらに…今なら調査費が半額になるキャンペーンもやっていますからさらにリーズナブルな価格で調査が出来ます。

現金がすぐに用意できないけどすぐに調査して欲しいという方はクレジットカードでも決済も対応可能です。

さらにムダな調査費をかけずに確実に証拠を集めたいと思っているならピンポイント調査を依頼し調査費をおさえましょう。

先ほど日記を書くことをオススメしましたよね?
浮気するであろう日の割り出しが出来れば、「●日の●時以降の調査をお願いします」という依頼が出来ます。

愛人や間男といつ会うかわからないという場合は、あえて愛人と密会できるチャンスを作ってしまいましょう。

「子供と実家に泊まりで帰るから食事は自分でお願いね」
「二日間出張に行くことになったから…」などと愛人と密会できるきっかけを作って調査をお願いしてみましょう。

原一探偵事務所が気になるという方はまず、無料相談ダイヤルを利用しましょう。
24時間365日対応で携帯からの通話も無料です。
原一探偵事務所:0120-35-8635

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。