夫や妻の浮気で離婚!相手有責で離婚したいなら絶対に手に入れるべき証拠とは?

uwaki11

許すことの出来ない浮気。どう対処すべき?

結婚する男女は減っているのに離婚する夫婦は増えている昨今。
離婚原因として多いのが『夫や妻の浮気』です。

浮気というのは軽い気持ちで足を踏み入れ、気づくと家庭・夫婦関係を崩壊させてしまうものです。

一度の過ちだといくら謝罪しても離婚という道に進む夫婦は多くいます。

あなたも夫や妻の浮気に気づきどう対処すべきか迷っているのではないでしょうか。

浮気を見て見ぬふりをしていると、最悪の場合、家族を捨てて逃亡したり、大切な子供の心に深い傷を負わせてしまうことになります。

「あっちが浮気したのならこっちもいいだろう」と復讐心から浮気をするなんて人もいますが、そういった方法での復讐は一切オススメはいたしません。

人の心を破壊してしまう行為を自分もしてしまった時点で心に残るのは罪悪感であってすっきりすることはないのではないでしょうか。

今回は夫や妻の浮気が発覚し、離婚したいと思っている場合にどう対処すべきであるのかを解説したいと思います。

浮気発覚で離婚したいなら興信所に依頼して証拠集め。

パートナーの不倫が発覚して離婚を決意する方も多いでしょう。
もやもやが心を襲っている状態でも、夫婦関係の相談を友人には出来ないという方も多くいます。

離婚するか再構築するのかこの時点で決めれない方もいるでしょう。

無料掲示板などを利用し相談したり、あなたと同じような境遇の方の相談を閲覧したりすると、「浮気の証拠はあるのか」とくコメントを多く目にしたのではないでしょうか。

そう、浮気を追及するにしても、離婚へ話しを進めるにも、浮気相手と決別させるにもまず必要となってくるのが浮気の証拠なのです。

そして最重要となるのが、配偶者と浮気相手との間に肉体関係があるのかどうかです。

配偶者以外の人間と性的関係をもつことで法律上不貞行為と呼ばれています。

ラブホテルに出入りする二人の写真や映像
車の中で行為を行っている写真や映像。
旅館などで同室に宿泊し一夜を共にしたことがわかる写真や映像。
肉体関係があることがわかるメールや手紙など。
これらが不貞の証拠として有力となります。

そして、この不貞行為が複数回であるほど相手が有責となり、あなたが有利となります。

不貞の証拠をしっかり掴みたいなら興信所に依頼して証拠を集めることが出来ます。

本来肉体関係というのは密室で行われるものですよね。

いくらなんでもホテルに隠しカメラを設置したり、部屋の中に突入して証拠を集めるなんて事は難しいですから、上記の行為を証拠として集めることで不貞行為が証明されます。

しかし、素人の身で対象者を尾行するのは至難です。
浮気調査中にあなたが尾行していることがバレたり、こっそり携帯をチェックしていることがバレてしまえば不倫を清算されたり、より警戒されて証拠が掴みにくくなってしまう可能性もあります。

離婚の意思が固まって動いていたのに証拠がつかめなければあなたが有利に離婚するという目標が崩れてしまいます。

「いくら妻が浮気をしていたとしても離婚すれば父が親権を取れない」
「専業主婦の身で夫が浮気をしたからと離婚してはこの先の生活が心配」

そんな後ろ向きな考えばかりが頭に浮かんでしまって前に進めないと思っていませんか?

相手が有責で離婚すれば、浮気をしたパートナーからだけではなく、浮気相手に対しても慰謝料を請求することが出来ます。

夫婦で築いた財産もあなたが有利に分与できる可能性も高いです。
養育費はあなたのお金ではなく子供の権利です。

浮気をし、あなたの事を裏切った相手とこの先の人生我慢しながら、心では常に疑いながら生活できますか?

浮気調査に特化した探偵選びのススメ

一言で探偵・興信所といっても仕事内容はさまざまです。
婚約者の素行調査や家出人調査、企業の捜査など探偵のお仕事は沢山あります。

浮気調査に特化した探偵を選ぶことが重要になります。

興信所に浮気調査を依頼してスムーズに証拠集めをしたいとお考えなら原一探偵事務所がオススメです。

原一探偵事務所は徳光和夫の会いたいやバンキシャなど有名なテレビ番組の調査協力もおこなっている有名な探偵事務所です。

全国に拠点を置いていますので、幅広く浮気調査をしてくれます。
料金面でも明瞭会計をウリとしていますので高額な水増し経費が加算される心配もありません。

全国に拠点を置いているメリットは調査範囲が広いというだけではありません。
たとえば、「今度の●曜日に浮気相手と密会しそうだ」
「今日の夜急に晩御飯は要らないとLINEがきた」という場合、調査員も調査車両も多い原一探偵事務所なら即日調査も対応可能です。

そういったピンポイント調査に対応してくれているお陰でムダな調査費を抑えることが出来、より確実な証拠を集めてくれることでしょう。

原一探偵事務所は41年で70000件以上の解決件数を誇ります。
浮気調査に特化した探偵事務所をお探しの方は是非検討してみてください。

今なら特別に調査費が半額になるキャンペーンも実施していますので、まずは原一探偵事務所の無料相談ダイヤルを利用してみてはいかがでしょう。

原一探偵事務所無料相談ダイヤル:0120-014-608

365日・24時間対応しており、携帯からの通話も可能です。

原一探偵事務所では弁護士の紹介もしてくれますから、離婚に進みたいと思っている方にもオススメです。

弁護士の中でも「原一探偵事務所の調査報告書は完璧な証拠になる」と太鼓判をおされているほどの評判です。

自分で集める浮気の証拠とは?

不貞行為の証拠を集めるためには信頼できる探偵に依頼することが重要です。
しかし、「なんだか怪しいな」程度で即探偵に依頼しても、時間もお金もかかってしまいますよね。

ある程度妻や夫の浮気は自分で調べておきたいと思う方も多いでしょう。

浮気相手から不審な電話がかかってきたり、家に襲撃されたなんて事がない限り、配偶者の浮気を見破るにはある程度の時間が必要です。

浮気を疑っている方が証拠集めとして一番に目に付くのは携帯やスマホではないでしょうか。

スマホユーザーが増えていますが、スマホというのは画面が常にさらされています。
着信があったり、メールが届くと画面が光って自分以外にも知られます。

そして最近メールでのやりとりよりもLINEでやりとりしている方が多くなっています。

LINEはいくらスマホにロックをかけていても、ポップアップで送信者の名前とメッセージの一部が表示されます。

プライバシーの塊であるスマホですが、パートナーの就寝中や充電して放置されているスマホにLINEで浮気相手からメッセージが届いていないかチェックしておきましょう。

LINEのポップアップを非表示にされていたりロックを突破できない場合はパソコンをチェックしてみましょう。

スマホと同期していたり、SNSをログインした状態で放置している可能性もあります。

SNS内のメッセンジャーでやりとりをしていたり、あなたに内緒にしているSNSでプライベートを垂れ流している可能性もあります。

携帯は肩身離さず持っていても、財布は鞄に入れっぱなしという方も多いはず。
財布の中に見覚えのない怪しいポイントカードはないか。
怪しいレシートや領収書はないか。
異性の文字で書かれた手書きのメモなども財布に忍ばせている可能性があります。

浮気の証拠というのは些細なものであっても後々効力を発揮するものも沢山ありますので「浮気しているかも」と気づいた時点から目を光らせるようにしておくことをオススメします。

浮気が発覚し、将来に不安を感じる方も沢山いるはずです。
現実に目を向けるのが怖いと思う方もいるでしょう。

しかし、向き合わなければ配偶者の行為はドンドンエスカレートする可能性もあります。

浮気だけではなく、家計の使い込みなどが発覚する場合も。

「あのときしっかりと浮気に向き合っていれば…」と後悔することのないようにしっかりと制裁することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。