不倫の慰謝料を相場より多く取りたいならすべき事とは?

wEscWibg

離婚したからといって必ず慰謝料が貰えるわけではない??

離婚を想定して結婚する人はまず居ないのではないでしょうか。
健やかなる時もやめる時も…と誓い合い結婚した夫婦ですが、育った環境も考え方も違う他人同士が家族となるのですから、トラブルが勃発することはあるでしょう。

愛を誓い合って結婚しても色んな理由から【離婚】という二文字がちらつくことがあるかと思います。

離婚をしたら絶対に慰謝料が貰えると思っていませんか?
そもそも慰謝料というものは【精神的苦痛に対して支払われるお金】の事です。

不倫やDVなど精神的苦痛を受けた場合には相手に慰謝料を請求する事が出来ます。

匿名の掲示板などでたま~~~に
「夫から離婚を切り出されたのですが、慰謝料は取れますか?」と質問する人が居ます。
よくよく経緯を聞いてみると「私には彼氏がいるのですが、夫と別れたくありません」と浮気をしているのは自分なのに夫から慰謝料を貰えると勘違いをしている人もいるようです。

レスで「あなたが慰謝料を払って別れてあげてください」フルボッコ状態になっているのを良く目にします。

慰謝料は精神的苦痛を受けた場合に請求出来るものであり、相手に故意や落ち度がない場合には請求は出来ません。

いくら浮気がバレたからと言って「性格の不一致」「価値観の不一致」など一方に落ち度がない場合に慰謝料を請求することは出来ません。

浮気をした側が有責となり、有責の立場から離婚したいと申し出ることも出来ません。

浮気やDVを受けている側からの離婚申し立ては可能であり相手に慰謝料を請求することが出来ます。

不倫の大きすぎる代償:慰謝料の相場とは?

慰謝料請求の額に決まりはありません。
ですから一億でも請求することは可能です。
しかしあまりに相場を無視して請求しても不可能な金額を相手が払うわけがありません。
裁判になり、長い時間戦うこととなり、時間とお金をムダに消費してしまう可能性もあるので不倫による慰謝料の相場を頭に入れておいたほうが良いでしょう。

不貞行為の慰謝料というのは相手の収入・離婚原因・婚姻期間によって金額が決まります。
裁判での不倫の慰謝料は100万円から500万円といった相場になるのではないでしょうか。

この400万の差をより高めたいならば、精神的に受けた苦痛を証明しなければなりません。
夫や妻の浮気で仕事に支障が出てしまうくらいの精神的苦痛を受け欝病になってしまった場合は診断書を提出することでどれだけの苦痛を受けたかという証明になります。

慰謝料に影響する要因とは?

浮気された側と浮気した側に分けて慰謝料について説明していきたいと思います。

【浮気され慰謝料を請求する側】
●年齢が高いほど慰謝料金額が高くなります
●再婚の可能性が低いほど金額が高くなります。
●初婚OR再婚の場合、初婚のほうが再婚よりも高くなります。
●専業主婦OR共働きの場合、収入の低い専業主婦のほうが高くなります。
●欝やノイローゼ、自傷行為など精神的苦痛があった場合には高くなります。

初婚で結婚期間が長く、再婚の可能性もない。
夫の収入に頼る生活を続けていて精神的苦痛を訴えたほうが金額が高くなる傾向にあるという事ですね。

【浮気をして慰謝料を請求される側】
●婚姻期間が長いほど支払う慰謝料は高くなります。
●婚姻中の育児放棄、家事分担の放棄など協力度が低いほうが高くなります。
●子供がいる場合には夫婦2人だけの場合よりも高くなります。
●財産分与の額が低いほど慰謝料は高くなります。

浮気をしたというのは配偶者に対する裏切り行為です。
しかし、結婚期間が短く、家事も手伝い、イクメン。
財産分与の額が高ければ支払う慰謝料が低くなるという事になります。

相場より高い慰謝料を得るために必要な物とは?

浮気に対する精神的苦痛は計り知れません。
浮気という事実と、家族に裏切られたというダブルパンチですもの。
相場より高い慰謝料を得たいと思う気持ちは間違っているとは思いません。

今は共働きで夫の収入に頼っていなくても、親権を取り子育てするとなると莫大なお金が必要になるでしょう。

定年まで働くことが出来る保証はどの職業についていてもないものです。
近い未来、今ある仕事の半分の職業は無くなるなんて囁かれているのですから。

高い慰謝料と得るためには重要なポイントがいくつかありますが、【浮気をしていた事実を証明】しなければなりません。

そして、浮気相手が配偶者が既婚者であることを知って不倫していたか否かも重要となります。

浮気相手が自分達の結婚式に参加していた人なら既婚者という事は知っていたはずです。
会社に結婚指輪をして行っているのに職場の同僚や部下などと不倫関係にあったなら既婚者だとわかっているはずですよね。
浮気相手から来るメールに「奥様にバレないようにね」とか「奥さんには内緒ね」などというやりとりをしている場合も既婚者だとわかって不倫関係を続けていることになるでしょう。

浮気相手に慰謝料を請求した際に「結婚していたなんて知りませんでした~」とシラをきる女も居ますから、証拠となるやりとりを見つけたら写メやスクショなどで証拠を保存して置きましょう。

注意したいのが、既婚者だという事は認識していたけれど、別居中だったり、離婚に向けて話し合いをしている途中など夫婦関係がすでに破綻していた場合は慰謝料請求は難しくなってしまいます。

そして、浮気相手と性的関係があったかどうかも必要な証拠です。
通常性的行為は密室で行われるのが普通です。
夫と浮気相手が利用するラブホテルの部屋に隠しカメラを仕込むなんて不可能ですよね。

夫と浮気相手がラブホテルに入り一定時間出てこない場合。
一人暮らしの浮気相手の家に長時間滞在したり宿泊した場合。
2人で旅行に出かけ、同室で宿泊した場合
手紙やメールで肉体関係を匂わす内容があった場合。
これらが不貞行為の証拠として有力となります。

確実に証拠を集め慰謝料を掴む方法とは

しっかりと証拠を集めることで配偶者はもちろん、浮気相手にも慰謝料を請求することが出来ます。

浮気を見破りたいと思っても決定的な証拠がつかめない人も多いでしょう。
夫が浮気を認めていない状態で訴訟や調停を起こしても希望額の慰謝料を得るのは難しい。

では言い逃れが出来ない不貞の証拠を掴み、不倫を認めさせる必要がありますよね。

不貞行為の証拠を掴みたいなら探偵に依頼することをオススメします。
探偵なら不貞行為の証拠はもちろん愛人の素行まで調べてもらうことが出来ます。

しかし探偵選びを間違うとなかなか証拠が集まらず、長い時間を掛けることでムダなお金を使うことになります。

原一探偵事務所なら、41年の間に解決した件数は7万件以上。
全国各地に拠点を置き、即日調査にも対応可能です。

証拠が集まり調査資料を作成後に、弁護士を紹介してもらうことも可能です。

原一探偵事務所は明瞭会計がウリで、調査費用を抑えたい方に嬉しいキャンペーンも実施中です。

無料電話相談ダイヤルも設置していますので、依頼の前に相談したいという方は
0120-014-608に電話をし相談してみてください。

24時間365日対応しています。
携帯からの通話もOKで無料です。

浮気した夫と愛人は2人してあなたに対し精神的苦痛を与えたわけですから慰謝料請求は配偶者と不倫相手それぞれに対して同じ金額を請求することが可能です。

夫に300万請求したなら愛人にも300万の請求が出来るという事になります。

しかしもし夫から300万を受け取った場合は愛人に重ねて請求することは難しくなります。

浮気問題に直面したらまずは無料の相談ダイヤルを上手に利用して相場よりも高い慰謝料を掴みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。